YOTHAKA家具の故郷 タイ王国

YOTHAKA家具はすべてタイの熟練の職人によってひとつひとつ手仕事で制作されています。

そのデザインは、YOTHAKA専属デザイナーであるSUWAN KONGKHUNTHIAN氏(以下スワン氏)によるものです。


本日は次回輸入家具の打ち合わせだったのですが、久しぶりに2020年 に「Bangkok Design Week」で開催されたスワン氏の30年の創造の軌跡を一同に集めた「survival of craft, 1989 to 2020」展を記念して出版された図録「Craft Lives」を眺めて今は渡航自粛しているタイへと思いを馳せてしまいました。


タイは、古代から王朝が開かれた歴史のある国です。そのため古くからの文化や建築物が多く残り東南アジア独自の雰囲気のある風景が多く見られます。 有名な世界遺産「アユタヤ」もそのひとつです。

また、熱帯に属するタイには日本とはちがった魅力的な植物が見られるのも魅力です。


タイのその魅力的な建築物や自然の風景の織りなす美しい景色を見ると、ヨタカ家具のデザインの源を感じます。



当時展覧会に行けなかった私達にスワン氏がサインを入れて図録を送ってくださいました!


タイヨタカ本社の方々の状況も心配されますが、コロナ禍になってから2年余り日本への出荷に大変な遅れが生じたことはありません。本当に感謝です。


YOTHAKAの家具は、国内在庫がないものはタイ本社への受注発注とさせていただいております。職人がひとつひとつ手作業で作り上げるため、通常納期を3ヶ月半程度頂戴しております。現在はタイヨタカ本社の努力でコロナの影響も最小限におさえられておりまして、通常納期は保たれておりますが今後の状況は不明なままの日々が続きそうです。

納品希望日がおありの場合はできる限り早めのご検討をいただけますようお願い申し上げます。



何かと不便の多い今日ですが、この状況が一日も早く解消され、平穏な日々が戻りますように。





オンラインショップでは展示商品をアウトレットに続々入庫しております。

現品限りの商品ですので、是非ご覧ください。

アウトレット商品オンラインショップはこちらから